忍者ブログ
~1人の息子と3匹のにゃんこ、大好きな北欧雑貨との暮らし~
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[06/09 Arugemebaq]
[06/07 Agasazuk]
[06/03 Anumogiz]
[05/30 Apameris]
[05/25 Amifuhaz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あんず
HP:
性別:
女性
職業:
ねこ(女子)
自己紹介:
3ニャン1男、仲良く育っています*
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
[279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月。急に空が高くなって秋の香りのするここ数日。夏の最後に台風が来て、ちょうど9月からガラッと季節が変わったような気もします。

最近お稽古場の窓際にひょこっと顔を出して「ご飯いただけます?」と催促する、野良にゃんにして三毛猫のみぃちゃん。はいはい、といつものようにカリカリを魚のトレーに入れて持っていったら・・・
後ろからそうっと顔を出した小さな小さな茶トラの仔猫。そおかぁ、みぃちゃんはママだったんだね。なんだかひとごととは思えなくって「いっぱい食べておっぱい出すんだよ~」と今日は特別にミルクもあげました。
お腹がいっぱいになったはずなのに、まだ外から聞こえる細く小さく鳴く母猫の声。足りなかったかな?っと見にいったら・・・
クーラーの室外機のその下に茶トラのその子よりももっともっと小さな三毛の仔猫の足が見えました。
細くて動かないその足にはもう血が通っていないことはすぐ分かり・・・。ぴったりと寄り添ってその子から離れずに鳴き続ける母猫。 ――― あぁ、死んでしまったんだ。
そういえばここ何日か夜になる度に仔猫の鳴き声がしていたなぁ。見に行ってあげたら助けられたのかなぁ。

あんずも瑠璃もサラも、危機一髪のところで助けられた運の良い子達。そうかと思えばこの子のように神様のもとへ旅立ってしまう子もいる・・・。
ノラ猫の全部が大きくなってしまったとしたらそれも大変なのかもしれないけれど、どうにかしてこういう運命の子を1匹でも減らすことは出来ないものかと心が折れる想いです。

庭の白梅の木の下に深く穴を掘って、タオルに包んでそうっと埋めてあげました。ちょうど庭に咲いていた白とグリーンのスプレーバラのブーケといっぱいのカリカリを添えて、どうかこの子の魂が迷わず神様の元へ行けますようにと、そうっと手を合わせて。
塀の陰で、残された1匹の仔猫を大事そうに毛づくろいする母猫の様子に涙が止まりませんでした。
どうか何事もなく、大きく立派に育ちますように。  一緒に子育て、頑張ろうね。

    仔猫はやっとお腹がいっぱいになったみたい。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
………
言葉になりません。

その小さな子が、迷わず天国の扉の前に辿り着き、神様の庭で元気にのびのびくらせますように!

母猫さん、兄妹猫さんが元気でいてくれますように!
三児のママ 2009/09/07(Mon)22:06:20 編集
三児のママさま♪
みんな同じようにこの世に生を受けながら、その先に待っている人生は本当に色々。左右するものは運だったり縁だったり・・・
神様、どうかこの子をお空まで導いて下さいと手を合わせる日々です。
ちいさなちいさな命、助けてあげられなくて本当にごめんね、という気持ちです(´;ω;`)
あんず&るりママ URL 2009/09/08(Tue)18:02:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]