忍者ブログ
~1人の息子と3匹のにゃんこ、大好きな北欧雑貨との暮らし~
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/09 Arugemebaq]
[06/07 Agasazuk]
[06/03 Anumogiz]
[05/30 Apameris]
[05/25 Amifuhaz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あんず
HP:
性別:
女性
職業:
ねこ(女子)
自己紹介:
3ニャン1男、仲良く育っています*
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
[357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



何年か前に京都で買ったお気に入りのうちわ。
ユウが触ってるなぁ~と思ったその瞬間・・・

バキッ!!

 あああああっ!!と言う大声に固まるユウ・・・

見るも無残に折られてしまいました(ノД`)・゜・。
真っ赤な朝顔の切り絵がとっても素敵で気に入っていたのに~~
どうにかして使えないかしら、と考えたその時・・・そうだ!!
この間、サラがブチ破った稽古場の障子の穴に・・・

   

あら、ぴったり ♪                 案外いい雰囲気になりました。

雪見障子に朝顔・・・?ま、いっか♪

 八百屋さんで大好物のあんずを発見、即買い!あんずとあんず、の図。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
昨今、何かと思うことから、
菅さんのお宅の直人君もぶっ壊しましたね。
不安定な世の中になってしまうのが心配です。
なにか、良い知恵で世の中の壊れたところを直してくれると良いです。

不安になるので、テレビを消して、NHKのFMを聞いていました。
Bay City Rollers の特集でした。
懐かしい気持ちになりました。

あんず&るりママはご専門がお琴ですが、実際にはいろいろと聞かれるのでしょうね。
ユウ君にはいつも何をお聞かせですか。

我が家のゆう君はピアノも好きで、おこづかいでラベルの楽譜を買って弾いていました。
正直、びっくりしました。

我が家のゆう君が幼児のころに、私が、ラベルとかドビュッシーを聞いていたためです。
ちょっと怖いものを感じましたが、どうもクラッシク好きに育ったようです。
私は、ジャズとかが好きですが、名盤を聞かせても、好きにはなれないようです。

お稽古場があるお家で育っているので、ユウ君は生のストリングスの音に馴染んでいるのでしょうね。
私も、オーディオ好きですが(実は振動が専門です)、生の音は(私の場合は騒音)、皮膚からも、骨からも伝わって来ます。
大きくなったら、「バンド!」となってしまうかもしれませんが、すごい感性の子になると思います。

穴をお塞ぎになったとのことですが、障子の振動でビビリ音が生じるということを学ぶのも良いのかも知れません。
実際に生じているかは分かりませんが、一度、ユウ君とお二人で、お調べになると良いと思います。
理科の勉強にもなります。
れもんの父 2010/07/13(Tue)01:40:22 編集
れもんの父さま♪
いつも丁寧なコメントをありがとうございます♪

三つ子の魂~・・とは良く言ったもので、ユウはお腹の中にいた時からそれこそ生まれる前日まで、「皮1枚」隔てた向こう側でガンガン邦楽を聴いて育ったせいか、弦の生音は大好きなようです。敢えて言えば、鼓や太鼓などの鳴り物の方が好きかもしれません。
妊娠中に歌舞伎を観に行ったら、お囃子の演奏中はずっと、お腹がよじれるほど蹴り飛ばされて大変でした!

私が母のお腹の中にいた頃は「胎教」という観念がまだあまりなかった時代でしたが、母は心音が入ったクラシックのレコードをずっと聞いて過ごしていたとか。
私はヘンデルがとても好きなのですが、母に聞いたらそのレコードは「水上の音楽」と「メサイア」だったと聞いてとても驚きました。

れもんさんのおうちのユウ君、素晴らしい才能の持ち主ですね!どうかその能力を伸ばしたいところ!

大学の助手時代についていた教授が音響と振動の博士だったので、面白い話はたくさん聞かせて頂きました。とても為になった数年でした。

普段は私が組んでいるユニット「結」の本番の録音を聞いたり、クラシックを聞いたりしています。
結ではジャズやポップスをお箏とフルートとチェロで演奏しているので、ユウも楽しいらしく最近は音に合わせて踊ったりしています。これこそが一番大切な音感教育なのでしょうね!

最近流行りのリトミック、通わせなくても日常生活がリトミックそのものみたいなモノなので、その点はなかなかの環境だと思っています^^
あんず&るりママ URL 2010/07/13(Tue)12:27:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]