忍者ブログ
~1人の息子と3匹のにゃんこ、大好きな北欧雑貨との暮らし~
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[06/09 Arugemebaq]
[06/07 Agasazuk]
[06/03 Anumogiz]
[05/30 Apameris]
[05/25 Amifuhaz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あんず
HP:
性別:
女性
職業:
ねこ(女子)
自己紹介:
3ニャン1男、仲良く育っています*
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
アクセス解析
[202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっとのことで、大学の大きな演奏会が終了=3
卒業を控えた4年生と一対一の超真剣勝負!!藝大の奏楽堂というこれまた大きな舞台で、先生方の審査席を前に緊張の大舞台です。
助演とはいえ、体調を整え、楽器を整え、精神を整え・・・この日までにいつも以上の神経を使って生活してきた感があります。
その甲斐あってか、「今までで一番上手くいったねヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ☆」と2人で手を取り合って喜ぶ演奏ができて私もほっと一安心。難しい曲ながら4年生のCちゃんも本当に良く頑張りました!
私が4年生の時、助演をして下さった先輩も急性胃炎になってしまうほどの緊張の中、素晴らしい助演をしてくださったのを昨日の事のように思い出します。最後の大舞台、卒業演奏でも然り。なんと最後2小節で暗譜が飛んだ私を素晴らしくフォローしてくれた、今も尚お世話になり続けている兄さまへのご恩は忘れられません。

今回舞台に立つにあたって真っ先に思ったのが「今度は私が恩返しをしなければ!」という想い。今でも当時学生だった私のこの大舞台での演奏は、一生忘れられない思い出となって、私の記憶に深く刻まれています。

演奏が終わって学生からいただいたお手紙には「藝大4年間の中で一番楽しい舞台でした!」とありました。そう言っていただけた事が何よりも嬉しい、助手のわたくし。
自分としてはまだまだ完璧ではない演奏で、納得のいかない箇所も多々あるけれど、同じ舞台の上で丁々発止真剣にやり合い、あの究極に張り詰めた空気を共有した学生と「楽しかったね!」と心から言い合えるのは、先輩として本当に幸せで嬉しいことだなぁとしみじみ思いました。

大学を卒業してからというもの、色々なコンクールや数え切れないほどの演奏会やコンサートに出演してきましたが、ここまで真剣に1曲に取り組んだのは本当に久しぶりの事でした。この年になって再び母校に戻り、あの頃のように学生と一緒にレッスンを受け、何度も合わせをし・・・そんな貴重な勉強の機会にめぐり合えたことに感謝しつつ、また次の舞台に備えようと思います。

 学生のCちゃんがくれました☆そうか明日はハロウィンかっ♪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
お疲れ様でしたっ!!!
どう言った演奏なのか門外漢の私には全く分かりませんが…合奏?連弾?なのに勝負?って感じなんですが、聖さんが精魂込めて演奏されたってことは分かります。生で聞きたかった!
本当に、お疲れ様でした!
三児のママ 2008/10/31(Fri)09:19:24 編集
ありがとうございます☆彡
三児のママさま♪
演奏会は4年生がお箏を弾き歌い、私が三味線で伴奏、といういわば合奏形式です。二人ともバリバリ弾いているので、穏やかな合奏とは程遠い、まさに「真剣勝負!!」な感じの演奏。
学生の演奏は「若さ」といってしまえばそこまでですが、今の私にはすでにもうムリ・・というような何ともいえない勢いがあり、こちらは負けじと弾きつつそれでいて助演に徹する、という力加減が本当に難しい立場です。
本番はお互い「楽しく」演奏できるのが一番ですが、お互い究極の緊張の中にいるため、なかなか楽しむ余裕が無いのが正直なところ。
しか~し、今回はそれがかなり楽しめたあたり、いい舞台だったなぁと思えるのです。
こういう演奏は本当に自分の力になりますね!
あんず&るりママ URL 2008/10/31(Fri)22:39:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]